レーシングドライバー青木拓磨さんの呼びかけで、「スリランカに車椅子を届けるプロジェクト」が動き始めました。


<スリランカという国をご存知でしょうか?>

南アジアでインド大陸の南に位置する人口約2000万人の島国。1948年から1972年までセイロンと呼ばれていました。正式名称、スリランカ民主主義共和国となったこの国は、26年間にわる内戦が続いた国でもあります。その内戦が終結したのはまだ記憶に新しい2009年。徐々に豊かさを取り戻しつつありますが、国民の多くはまだまだ充分といえる収入を得られ状況にありません。
外資により都市部は豊かになってきているのとは裏腹に、スリランカの国民自体に、特に農村部には経済的な豊かさを享受するまでには至らず非常に厳しい生活状況が続いています。医療や社会福祉に関しても同様、格差は非常に大きいのです。

長きにわたった内戦は政治的に終結した形になりますが、スリランカには未だ多くの地雷や不発弾(数十万個~百数十万個ともいわれています)が残っています。内戦中に下肢を失った方に加え、内戦終結後に地雷事故で下肢を失った方も少なくありません。もともと厳しい生活状況の中、身体に大きなハンディキャップを抱え、移動手段がない状況下では、わずかな収入を得る事さえも尚一層厳しくなるのです。


<青木拓磨さんの紹介>


角丸四角形吹き出し: 皆様の暖かいお気持ちと共に、車椅子が必要なスリランカの人達に、僕が責任を持ってお届けします。青木拓磨さんは、かつて2輪(バイク)の世界の超一流ライダーでした。しかし1998年に脊髄を損傷するという大きなアクシデントにみまわれました。
その後、車イス生活となりました。しかし、持ち前の前向きな思考で、体の障害はもちろん、ライセンスの取得問題など、数々の高い障壁を乗り越え4輪レーサーのライセンスを取得しました。もちろん、そこに目標を達成するための並はずれた努力があったに違いありません。
更に彼はそこに甘んじることなく、健常者と同じステージで世界のレースに参戦し、
なんと2014年には、アジアGTレースの最高峰「GTアジア」にて優勝を重ね年間ランキング総合2位の成績を残し今も尚、第一線で活躍し続けています。
そのメンタルの強さとポジティブな姿勢は、障害を負った方々やそのご家族はもとより、子供たちや、いわゆる健常者といわれる人達にまで、大きな夢や希望を与えてくれる存在となっています。


<スリランカと青木拓磨さん>


角丸四角形吹き出し: 皆様の暖かいお気持ちと共に、車椅子が必要なスリランカの人達に、僕が責任を持ってお届けします。現在は、内戦終結後の平和を象徴するかのように市街地コロンボで大規模なレースが行われるようになりました。そこに青木拓磨さんは、スリランカのレーシングチームのドライバーとして参戦しています。現地でレースや練習を重ねる中、スリランカの人達とも親交が深まり、スリランカと日本のつながりも知っていくことになりました。例えば、日本が敗戦国となった当時、時の大統領Junius Richard Jayewardene氏のスピーチにより助けられた事、そして日本が最初に国交を結んだのがスリランカであった事、大統領ご自身の日本人への角膜提供の事など。
それと同時にスリランカの近況(生活の格差)も知ることになりました。発展する都市部と取り残される農村部、経済的に富む人と貧しい人、充分な教育を受けられる人とそうでない人、充分な医療や福祉サービスを受けられる人と受けられない人など。


<このプロジェクトが始まった契機>

「車椅子を必要とする人は世界中にいる。車椅子を届けることで少しでもその国の役に立てれば」青木拓磨さんのそんな思いから始まったのがこのプロジェクトです。


<本プロジェクトの今後の展望>

本プロジェクトは、青木拓磨さんと共に歩んでおります。まずは青木拓磨さんの所縁のあるスリランカを皮切りにはじまったプロジェクトですが、今後はスリランカに加え、その他の途上国にも拡大していいければと考えています。


<車椅子の提供方法>

 
ご不要になった車イス または 杖 をお届け下さい。

(注:走行不能車、汚損・破損の著しいものはご遠慮ください) 

引き取り先:熊本県、福岡県の事務局
(近隣地域であれば、引き取りにいく事も可能です)

問合わせ先:つながるネット(スリランカ車椅子支援プロジェクト係)

※ 受付はメールのみ 
customer@tsunagalu.net


こちらのアドレスに 下記項目をご記入の上、メールにてご連絡下さい。

件名:車椅子プロジェクト

内容:①施設名(個人の方は未記入で結構です) ②ご担当者様氏名 ③ご住所 ④連絡先電話番号 ⑤返信用アドレス

返信時に事務局の場所などのご案内を致します。
     

※ お届け頂いた車椅子や杖はスリランカ民主主義共和国政府等を通じてスリランカの各施設へ送られます。

<贈呈先>

第1回目 バーラタ ラクシマン ファウンデーション (代表 ヒルニカエランジリ プレーマチャンドラ)




 

<ご賛同・ご協力 誠にありがとうございます>



(西日本新聞 2016.3.22)


(2016.3.21 筑豊緑地にて)

第1次募集(~2016.3.15)
<ご賛同・ご提供頂いた方々>(順不同)

・株式会社 EVAH(エヴァ) 様
・社会福祉法人 茜会 あかね園 様
・社会福祉法人 陽光 みかんの丘 様
・合同会社 心音(ここね) 様
・社会福祉法人 香和会 なごみのさと 様
・社会医療法人 青洲会 福岡青洲会病院 様
・イチローモータリング 様

このプロジェクトの趣旨にご賛同頂き、皆様には関係者一同大変感謝しております。
ご賛同頂いた皆様のお気持ちと共に車いす等は、青木拓磨を通じてスリランカに大切に届けさせて頂きます。
 


飯塚国際車いすテニス大会2016

2016年5月17日~22日の大会期間中、大会本部横のブースをお借りして、「途上国に車いすを届けるプロジェクト」の広報活動をさせて頂きました。 

「途上国に車いすを届けるプロジェクト」のブースに来てくれた方々(一部ご紹介)

上地 結衣 選手 ・齊田 悟司 選手 ・中澤 吉裕 監督 ・西村 祐亮 選手


・BUIS , Marjolein  選手 (NED) ・ WALLIN , Dan  選手 (SWE) ・飯塚国際車いすテニス大会大会長 前田 理恵 様 ・日本車いすテニス ナショナルチーム監督 中澤 吉裕 様 

この他にも沢山の方々に応援の声をかけて頂きました。
 

お陰様で、国内外の選手、大会関係者、行政の方等に知って頂く事ができました。
わざわざ足を運んでくれた皆様、本当にありがとうございました。

広報スペースを確保して頂きました大会長様、大会本部の方々には深く感謝を申し上げます。







<車イスの到着報告> 車イスが現地に届きました!

2016年7月9日にスリランカでこのプロジェクトのパイプとなって頂いている現地法人ン様より、スリランカのデビワ市の市長を通じて、現地の足が不自由な方々へ届けらたとの一報が入りました。



写真は、市長の家に地元で一番貧しいところの方を招いて、車いすを渡しているときの様子。

写真には、新品を含め一番数多くご提供頂いておりました株式会社EVAH(エヴァ)様からご提供頂いた車いすが写っています。

 

多くの皆さま方にご協力いただいておりました「スリランカに車いすを届けるプロジェクト」ですが、日本で不要になった車イスが国を超えて、経済的に貧しい地域の必要な人のもとで役立つ日が来ました。

関係者一同、この報告ができた事を大変嬉しく思っております。
ご協力頂きました方々の善意に感謝です。

現在、スリランカ以外の途上国に車いすを届けるため、青木拓磨及び関係スタッフは活動を続けております。 


 拓磨さんは、講演会活動を通して「夢をあきらめない、挑戦し続ける」事の素晴らしさを全国で伝えています。


(福岡県 飯塚市 穂波公民館にて)
 




( 青木拓磨、プロジェクトスタッフとスリランカ大使 2017年2月 大使館にて )
 


青木拓磨とともに新たな活動が始まりました。~ 2017 熊本~

 2016年4月熊本県を襲った大地震。最大震度7が観測されました。
地震の影響で住宅の倒壊や土砂崩れが発生し人的被害も確認されました。また地震に伴う関連被害も多数報告されています。
青木拓磨も地震発生後、自分でも役に立つことがあるのならとすぐに駆け付けました。

その光景を目の当たりにした青木拓磨は、帰省後も熊本の方々へのサポートを考えました。

2017年、熊本地震で被災し廃業を余儀なくされた熊本県の益城郡西原村の畜産家の方と共に、健康の樹木として推奨されているモリンガという植物の苗を植樹し、復興応援の活動をスタートさせました。


種から育てたモリンガは、しっかりと苗になりました。(2017年 5月 熊本県)



栽培経験のないところから、いろんな方からのアドバイスを頂き、温室の中で一生懸命育てています。
0からのスタートですが、今後しっかりと大地に根付き実を結んでくれるものと信じて頑張っております。


<熊本地震被災からのスタート>

熊本地震で、営んでいた豚舎が全壊し廃業を余儀なくされた熊本県益城郡西原村の畜産家の加藤さんは、断腸の思いで撤去した豚舎を農園に替え、新たな生活の糧と心の復興として、モリンガの栽培を始めました。

種から育てたそのモリンガは苗となり、木となり、たわわに葉を茂らせ順調に生育し、この度ようやく製品化に至りました。


モリンガとは?

モリンガとは、ワサビノキ科の植物で、亜熱帯の国々では古来より薬や美容、健康のために利用されてきました。海外ではその栄養効果の実績と称賛を受けて、非常に高い注目を浴びています。
ミラクルツリー(奇跡の木)とも言われており、人間や動物にとって重要な栄養素が豊かに含まれています。

ビタミン、ミネラル、アミノ酸がバランスよく含まれていて、ポリフェノールは赤ワインの約8倍、ビタミンEは卵の96倍、鉄分はプルーンの82倍、アミノ酸は米酢の97倍、食物繊維はレタスの28倍など驚くべき数字が出ているスーパーフードです。

 デトックス・アンチエイジング・リラックス・便秘解消などに効能があるといわれています。


  (全壊した豚舎跡地を利用して作った畑 2017年11月5日)


飯塚国際車いすテニス大会2017
2017年5月16日~21日の大会期間中、大会本部横のブースをお借りして、「途上国に車いすを届けるプロジェクト」の広報活動をさせて頂きました。 

今年も飯塚国際車いすテニス大会の会場に Keep Smiling Project のブースを設けさせていただいて、Keep Smiling Project(キープスマイリングプロジェクト)の広報をさせて頂きました。
今年はなんと東京から「青木拓磨」本人が駆け付け2日間会場で広報活動を行いました。 
お陰様で、大会関係者の方、選手の方、一般の方、わざわざ駆け付けてくれた方など、多くの方々にあたたかい声をかけて頂きました。




(2017年5月18日 毎日新聞)

(2017年5月19日 西日本新聞)

(2017年5月20日 毎日本新聞)

当日の様子はこちら(ブログへ)

この期間中、障がい者支援施設と小学校の方に訪問させて頂きました

                                                                                                                                          飯塚市立庄内小学校(2017.5.17)
青木拓磨 小学校で講演会の様子はこちら


熊本復興応援! 青木拓磨の Let's レン耐 が九州で初めて開催されました。(2017年11月5日)


今回は、熊本復興応援!ということで 青木拓磨のLet's レン耐が九州(
HSR九州:熊本県菊池郡大津町)で初めて行われました。

会場には、朝早くからレースを楽しむ方々や熊本を応援する方々などが多数訪れてくれました。

そしてレースの方は、当初の予測を超える30チーム余りのエントリーを頂きました。

最年少(9歳)のライダーの選手宣誓や国歌斉唱、熊本県の小野副知事さんの挨拶、クマモンによるスタートフラッグ振り、実況もあり、中継もあり、青木拓磨の厳正なルールのもと、本番さながらの耐久レースが行われました。

素人とは思えぬテクニックの方、楽しみながら走る方、皆さん楽しんでくれて大盛況!でした。



そしてなんと、来年の春もこのレン耐が九州で初開催される事が決定しました!

ツナギもヘルメットもバイクも現地で全てレンタルできます。
ハンディキャップもあるため子供も大人も男性も女性も優勝が狙えます。

出場もさることながら、出場だけではなく、観戦や応援など現地を楽しみに、是非、遊びに来てください!

当日の様子はこちら(ブログへ)


熊本復興応援ハッピーモリンガ杯 Let's レン耐 が開催されました!(平成30年4月30日) 


熊本復興応援ハッピーモリンガ杯 Let's レン耐 がHSR九州ロードコースで開催されました!   
九州での開催は昨年秋に続き今回で2回目! 今回も小野熊本県副知事さんをはじめ素晴らしい来賓の方々がお越しくださいました。




当日の様子はこちら(ブログへ)



青木拓磨による講演会の依頼、途上国へ車いすを届ける活動、熊本地震被災地復興活動(ハッピーモリンガ)に関するお問い合わせ、各種メディアからのご連絡など、お気軽にご連絡ください。

プロジェクトへのお問い合わせ(事務局:時吉直祐 090-3737-0031)






本ページの内容は状況に応じて変更する事がございます。あらかじめご了承ください。
 

トップへ戻る